Blog&column
ブログ・コラム

コーティングをしていないに付いた花粉のシミを取り除く方法

query_builder 2022/01/15
コラム
action-asphalt-automobile-automotive
花粉でにシミが付くのをご存知ですか?
今回はに付いた花粉のシミを取り除く方法をご紹介していきます。

▼なぜ花粉でにシミができるのか
に付着した花粉が雨などで水分を含むと、花粉の粒子が壊れ、花粉から粘着性のある「ペクチン」という成分が流れ出します。
このペクチンがの塗装に食い込んでしまうのです。
特にコーティングをしていないだと花粉が付着しやすいです。
3月~5月の花粉の時期は特に注意が必要です。

に付いた花粉のシミを取り除く方法
に付いた花粉は、さまざまな方法で落とせます。

■こまめに洗する
濡れた花粉が乾燥する際に収縮します。
この収縮が原因で塗装が痛みます。
そこで、こまめに洗するのをおすすめします。
ボディに付いた直後なら、すぐに花粉を落とせます。
乾いた状態で花粉が付着した場合は、用モップだけでも払い落とせますよ。
水で洗する際はカーシャンプーを使うのを忘れずに。

■お湯をかける
花粉のシミは70℃以上のお湯で温めると取り除けます。
花粉を取り除きたい部分にクロスなどを当て、その部分にお湯をかけます。

■日光でを温める
晴れの日にのボディを50℃以上に温めると花粉が落ちやすくなります。

▼まとめ
屋外に駐する場合は、ボディカバーを使うことでも花粉が付着するのを防げますよ。
東急ハンズにあるEGCガラスコーティングでは、腕時計スマホ、革製品などのガラスコーティングを行なっています。
「こんなアイテムでもコーティングできる?」と疑問をお持ちのかたは、ぜひお気軽にご連絡ください。

NEW

  • ハンズ出店

    query_builder 2021/03/11
  • コーティングをしていないに付いた花粉のシミを取り除く方法

    query_builder 2022/01/15
  • ガラスコーティングの流れは?

    query_builder 2022/01/01
  • 時計のベルトの買い替え時期について。劣化したらどうする?

    query_builder 2021/12/15
  • 革製品が劣化する原因は?

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE